広告プラットフォームAllsparkの特長 | クロスロケーションズ

広告プラットフォーム
Allsparkの特長

1. リーチの規模感のあるユニークオーディエンスキャンペーン
現在、性別や年齢などが予測できるユーザ数が全国で4,000万超観測されており、すぐにオーディエンスとしてリーチすることが可能です。位置情報ならではの“海の家にいた人”や“乳幼児用品店にいた人”のようなオーディエンスを構築したり、また2拠点間の履歴を使ってたとえば東京駅と新大阪駅の2箇所に過去1ヶ月間でいた人を抽出し、出張族のようなオーディエンスを構築したりと、今までコミュニケーションが難しかったオケージョンやターゲットにリーチ可能です。そしてどのオーディエンスにも性別や年代情報を掛け合わせることができます。
2. 店舗周辺の多くの人にエンゲージメント
位置情報ターゲティングの活用としてニーズの高い店舗誘導のキャンペーンでは、店舗周りの生活者にどれだけ多くリーチするかがその施策の成否を決定します。特に店舗集客等が目的の場合、リーチしたオーディエンスの数そのものを評価指標とすることができます。また、広告を配信したユーザーグループと配信しないグループの来店率も計測可能で、両者を比較することで、計測結果に客観性を持たせることができます。
3. 所得・ライフスタイルを考慮したオーディエンス
Experian Mosaic®のデータを活用し、所得やライフスタイルを意識したオーディエンスを構築することも可能です。Mosaicデータをお持ちの広告主の方であれば、自社のロイヤルカスタマーが属するオーディエンスを特定して同じグループにリーチできます。また、高額商材を販売している店舗周辺で富裕層に属するMosaicオーディエンスに配信するなどのキャンペーンも可能です。
4. インバウンド・アウトバウンド
海外でもデータを収集しており、各国の居住者を判定しオーディエンスデータとして保有しているため、たとえば東南アジアからの旅行者が日本にいるときに広告を配信することも可能です。また、日本の居住者が海外にいるときに配信することもできます。