Internet Advertising Service Terms of Use インターネット広告サービス利用規約

インターネット広告サービス利用規約

広告主(以下「利用者」という)は、クロスロケーションズ株式会社(以下「当社」という)に対し、インターネット広告サービス利用規約(以下「本規約という」)に合意の上、インターネット広告の掲載、運用その他の付随サービス(以下総称して「本件業務」)の発注を行うものとします。

本規約は利用者と当社間の他の契約書に優先して適用されるものとします。但し、本規約の適用を個別的に排除する利用者当社間の別途の書面による合意が存在する場合、当該書面による合意が本規約に優先して適用されます。

本規約は、媒体社の規定改訂等に合わせ、予告なく変更されることがあります。

第1条 (インターネット広告の発注)

  1. 本件業務に係る発注は、事前に当社より別途提示するスケジュールに則っていただくものといたします。当該スケジュールに沿わない発注につきましては、お引受け又は履行できない場合がございます。
  2. 当社の営業時間外の本件業務の履行のご要望には、対応いたしかねる場合がございます。
  3. 利用者は、当社所定の申込書に署名又は記名押印の上、当社に交付し、又はシステム上で申込書を送付することにより、本件業務の発注を行うものとします。なお、当該方法以外での注文は、便宜のためのものであって、同内容の注文を二重に行ったものとはみなしません。また、当該方法以外での注文と当該申込書の内容が矛盾抵触するときは、当該申込書の定めが優先します。
  4. 利用者の都合によるキャンセルは、キャンセル日に拘わらず申込金額の全額をお支払い頂きます。
  5. 当社に対してご提供いただく一切の素材(タイトル、説明文、デザイン、キーワード、画像等を含み、以下同様とします。)及びリンク先が、第三者の著作権、産業財産権、パブリシティ権、プライバシー権その他一切の権利を侵害していないこと、及び一切の関連法規に抵触していないことを保証していただきます。
  6. 当社は、本件業務の発注又は確認に関して、媒体社、その他第三者又は当社が保有するプログラム、ツール、システム、Web サイト等でログインが必要なもの(以下総称して「本件プログラム等」)を、定められた方法にて使用する権利を利用者に付与することがあります。利用者は本件プログラム等に関連する一切の情報(ID、パスワード等)を、適切に使用、管理するものとします。
  7. 利用者は、現在及び将来にわたり自己が暴力団等ではないこと、暴力団等の支配・影響を受けていないこと、自己の主要な株主又は役職員が暴力団等の構成員ではないこと、並びに暴力団等の排除に関して各都道府県が制定する条例を遵守することを表明、保証するものとします。

第2条(掲載に関する事項)

  1. インターネット広告の掲載にあたっては、媒体社の掲載ガイドライン等が適用されます。なお、当該掲載ガイドライン等は予告なく変更されることがございます。
  2. 特に、運用型広告の掲載に関する事項については、以下の通りとします。予約型広告の掲載とは異なります。
    1. 競合・同載の調整はできません。
    2. 発注書に記載する金額は、予算上限金額として扱います。なお、予算額と同一額での消化は保証されません。
    3. 入札型の媒体の特性上、掲載開始日・時間、掲載期間、配信ボリューム、インプレッション数、広告効果(クリック回数やコンバージョン広告効果等)、広告効率(クリック単価やコンバージョン単価等)、掲載順位等については、保証はされません。なお、下記5でいう配信完了連絡には掲載画面のキャプチャは含まれません。
    4. 入札状況などにより、配信途中に本件広告の掲載が停止される場合があります。
    5. 成果物(別途規定されている場合)及び当社からの配信完了連絡を受領した場合、利用者はこれを検収の上、配信完了確認を行うものとします。当社による提出、報告から3営業日以内にご連絡がない場合、本件業務が完了したものと見做します。

第3条 (免責事項)

利用者は、当社に対し本件業務を委託するに際し、以下の事項につき予め了承するものとします。

  1. 停電・通信回線の事故・天災等の不可抗力、通信事業者の不履行、インターネットインフラその他サーバー等のシステム上の不具合、ユーザーの意図によるものではないクリックや、不正なソフトウェアによって発生したクリック、緊急メンテナンスの発生など、当社の責に帰すべき事由以外の原因により本件業務の全部又は一部を履行できなかった場合、当社はその責を負わないものとします。
  2. 利用者による本件広告の掲載に必要な素材や情報の提供が遅れた場合には、合意された掲載開始日時までに掲載を行えないことについて、当社は責任を負いません。
  3. 本件業務の履行に関連して、当社が利用者に対し債務不履行責任、損害賠償責任を負った場合、当社による賠償額の総額は該当する本件広告に係る申込金額を上限とします。なお、当該責任に基づく当社の賠償の範囲は、直接的かつ通常の損害に限定されるものとし、逸失利益や営業機会の損失、風評被害その他特別の事情による損害等については、いかなる場合においてもその責を負わないものとします。

第4条(定義)

本規約で用いられる用語は以下の意味を有するものとします。

  1. 「運用型広告」とは、アドテクノロジーを活用したプラットフォームにより、広告の最適化を自動的に若しくは即時的に支援するような広告手法のことをいい、検索連動広告(リスティング広告)のほか、ソーシャルメディア、アドエクスチェンジ、SSP、DSP、一部のアドネットワークを使った広告を含みます。タイアップ広告は含まれません。
  2. 「媒体社」とは、Web サイトやアプリケーションなどのメディアを所有若しくは運営し、又はメディアの所有・運営者を仲介し、それらの中に設けた広告枠を、広告主に販売して、広告を掲載する事業者をいいます。
  3. 「本件広告」とは、利用者が本件業務を当社に発注する広告をいいます。
  4. 「ユーザー」とは、使用端末機器を問わず、インターネットその他の通信手段を通じてWeb サイトやアプリケーションを利用する者をいいます。
  5. 「掲載ガイドライン等」とは、媒体社の定める掲載ガイドライン、広告審査基準又はこれらに付帯する規則、ガイドライン等をいいます。
  6. 「暴力団等」とは、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他の反社会的勢力及びこれらに準ずる者、また過去に暴力団であった者をいいます。

制定:2020年9月1日