全国業種業態・主要都市人流グラフ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Linkedin

Visit Analysis

比較分析

Location BIG data

エリアの指定、期間などを様々な視点として比較分析が行えます。 市場モニタリングだけでは見えづらい、 エリアごとに人の属性傾向を直感的に広い期間の分析が可能となります。

※Location AI Plaformで活用している位置情報は、個人情報を含みません。

  • デイリー来訪速報

    特定地点・エリア・店舗の来訪人数を日別でグラフ表示。前年同月比、前月比など過去データと比較することで、人流の推移を確認することができます。

  • アワリー来訪速報

    特定地点・エリア・店舗の来訪人数を時間別でグラフ表示。前日比など、過去データと比較することで、各地点の人流の推移を確認することができます。

人流データを店舗ビジネスに活用することで 更なる売上UPが見込めます

Location AI Platform™は店舗の販売促進・商品企画担当者、メーカの販促支援担当者の よくあるお悩みを解決できるデータマーケティング・プラットフォームです。 また、自治体様の地域活性化のための分析にも活用できます。

人流データの活用例

①なぜ昨日はお客さんが少なかったんだろう… →「実際に自店舗に訪れている顧客像」がわかる

  • エリア指定ベスト10地域

    「エリア内」のホーム地点にどの地域から来訪しているかをランキング表示します。地図上で、その地域と他の地点(競合店舗など)の関係を把握できます。

  • ポテンシャルマップ

    特定地点・エリア・店舗や他の地点への来訪傾向をデータに基づきポテンシャル(潜在的な傾向)として判定。高ポテンシャルエリア(赤色地域)からは更なる来訪が見込める可能性があるため、マーケティング戦略の注力エリア選定として活用することができます。

  • 来訪率分布マップ

    特定地点・エリア・店舗への来訪率が高い順に、それぞれの地域を表示します。また、来訪率別に地域を色付けすることで、どの地域の来訪率が高いかどうかが一目でわかります。

ご存じですか? あなたの店舗に訪れていた顧客の性別や年代傾向、どこから来られたかなど。 Location AI Platformは位置情報データをAI分析することで来訪者の傾向を素早く判定することができます。 前日までのデータが反映。例えば「昨日、来訪数が少なかった店舗」を発見することができるため素早い対策を打つことができます。

②最近、競合店に負けている気がする… →「実際に競合店舗に訪れている顧客像」がわかる

  • Hot Placeランキング

    Hot Placeランキング特定地点・エリア・店舗に訪れている人が、その地点以外によく来訪するエリアをランキング形式で表示。また、そのエリア内のスポット情報も合わせて確認できます。思わぬ競合の発見に繋がったりと顧客のリアルな動向を知ることができます。また、観光地での観光客の回遊状況の分析も可能で、地域活性化の手がかりをつかむことができます。

  • エリア指定来訪数

    「エリア内」にある複数地点・店舗への推計来訪数・割合を表示します。ホーム地点とその他の地点(競合店舗など)にどのくらい来訪しているかを可視化することで、ホーム地点と他の地点の併用利用の傾向を把握することができます。

  • 来訪シェアマップ

    複数地点・店舗への来訪率の丁目別のシェアを表示します。それぞれの丁目からのホーム地点(自店など)と他の地点(競合店舗など)への来訪の割合を把握することで、地域でのシェアの優劣を把握できます。

競合店舗に訪れた来訪者の性別や年代、居住地、自社店舗と比べて競合店に勝っている時間帯や曜日はいつか? これまでは知ることができなかった気付きを位置情報を活用することで発見することができます。 もちろん、競合店舗への来訪者情報も翌日には更新されるため、 素早い競合対策を実施する際のツールとして活用することができます。

③なぜ自店舗を利用してくれないんだろう… →ライフスタイルやリアルな商圏・シェアがわかる

  • 顧客ペルソナ分析

    顧客の店舗までの距離を徒歩圏、自動車圏、電車圏に分類。利用動機の判定に役立てられます。

  • 市場シェア判定

    商圏内における自店舗と競合店舗の勢力図を町丁字単位に可視化。自社競合が発生している地域、競合店舗に奪われている地域を判定することで、出店、統廃合、販促などの戦略に利活用できます。

  • 伸縮エリア分析

    施策前後、前年同月対比、コロナ禍前後で来店客の増減とシアの増減の組み合わせで、4タイプに分類します。

既存サービスの見直しや新しい製品新サービス開発に必要な「顧客のライフスタイルや嗜好性」を把握することができます。 それ以外にも、店舗や施設利用者の曜日時間帯別の行動傾向の変化を施策前後、今期と前年、今週と前年同週で比較分析。 販売促進や業態・MD変更等により伸びる地域見直しが必要な地域、競合店の影響等を浮き彫りにします。

④どこに広告を打つべきか、わからない… →「来店が見込めるエリア」にだけ広告配信・計測。

  • スマートフォン広告

    Location AI Platformは国内最大級の配信ボリュームを持つスマホ広告DSPを運営。来店ポテンシャルが高いエリアや、特定のスポットに訪れたことがある人だけに絞ってスマートフォンアプリやSNSに広告配信をすることができます。

  • オフラインDM

    来店ポテンシャルが高いエリアに対して、ポスティング形式のオフラインDM広告を配信をすることができます。ポテンシャルが高いエリアにのみ絞って配信を絞ったりすることで、極限まで費用対効果を高めることも可能です。

  • デジタルサイネージ

    デジタルサイネージはディスプレイを使っているため発色性がよく、視認性が高いため、従来の広告や看板と比べて、目に止まりやすい利点があります。位置情報を利用することで、適切なターゲットに対して広告を届けることが可能です。

Location AI Platformを活用することで「来店が見込めるエリア」を導き出すことができます。 来店が見込めるエリアに訪れている人に対してスマートフォンのアプリ広告やDM、サイネージなど様々な手段で アプローチすることで集客をご支援します。 更に、広告の効果測定を検証する際にもLocation AI Platformを活用することで来店者数の推移を判定することができるため PDCAを繰り返しながら販促活動が行えます。