X-Locations業種・業態別の活用情報

2021年02月05日

EBPMへの取組や現場のDX推進のための人流統計データを提供

需要予測や災害対策、スマートシティなどに有益な人流統計データを提供

 

近年、自然災害や新型コロナウイルスのパンデミックなどの影響で人々の動きは変化しており、それぞれの対策立案のため、「人流データ」の分析が必要とされています。

 

政府においても、データやエビデンスに基づいて政策の立案・決定を行うEBPM※1(Evidence Based Policy Making)の取り組みが推進されており、人流データもその一つとして大きく注目されています。

また、スマートシティやモビリティサービスのための需要予測や、金融業界においてはオルタナティブデータとして人流データの活用が進んでいます。

 

クロスロケーションズは、自社で独自に開発・提供を行っている位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム『Location AI Platform™』の解析エンジン『Location Engine™️』から各種統計データを提供しており、公共・民間など、様々なプロジェクトで活用されています。

 

※1.EBPM(Evidence Based Policy Making)とは、重要なエビデンス(データ)に基づく政策立案とされている。

 

 

Location Engine ™が提供する各種統計データ

 

 

1.エリアの滞在人口

時間帯別の各エリアの推定滞在人口をメッシュのデータで提供いたします。

ご指定いただいた期間でのデータをLocation Engine™より提供いたします。

 

推定滞在人口のメッシュデータ

※画像はイメージです

[メッシュの大きさ]

125m  /   250m   /   500m

 

2.エリアへの流入データ

曜日別、時間帯別の各エリアの推定流入人口をメッシュ単位のデータで提供いたします。

ご指定いただいた期間でのデータをLocation Engine™より提供いたします。

 

 

[メッシュの大きさ]

125m  /   250m   /   500m

 

 

3.エリアの行動特性データ

ポリゴン等で指定した市区町村や施設に訪れた人がよく訪れる場所のカテゴリーデータを提供いたします。

消費者が訪問している場所を分析

 

 

 

4.実勢商圏データ

ポリゴン等で指定した施設、店舗などに対する、周辺町丁目から施設、
店舗への来訪率、来訪ポテンシャルを提供いたします。

 

 

 

 

5.人流予測データ (近日提供予定)

ポリゴン等で指定した店舗や施設への来訪者を1週間先までの人流予測データとして提供いたします。

 

人流予測

 

※人流予測データについて詳しく知りたい方は以下よりお問い合わせください。

 

 

 

 

お問い合わせ

 

提供データ一覧

滞在人口・流入人口

 

実勢商圏データ

 

行動特性データ

 

人流予測データ

人流予測データの価格については個別のお見積りとなります。

提供イメージ

 

Location Engine API

価格:30万円~
価格についての詳細は別途お問合せください。

また、詳しいデータの詳細についてご興味のある方は、以下のお問い合わせよりお知らせください。

 

 

 

 

費用についてお問い合わせ

利用シーン

シンクタンクA社

特定の市町村のコロナ禍におけるライフスタイルを調査するため、ポリゴンで指定した市町村でどういったカテゴリの場所に訪問しているかのデータをLocation Engine APIより取得し、自治体向けにレポート作成。

 

 

建設コンサルタントB社

災害時のエリアの分析を行うため、500mメッシュで災害地域を区分けし、時間ごとの滞在人口を把握。災害に強い街づくりのための基礎データとして活用。

 

 

ヘッジファンドC社

株価予測やポートフォリオ構成のための情報(オルタナティブデータ)として、店舗や拠点周辺の人流データを活用。数万を超える拠点情報を分析地点として登録し、当日のデータを翌日午後には把握。

 

 

事例についてお問い合わせ