X-Locations 用語集

か行

ガラケー(ガラパゴス携帯)

ガラケー(ガラパゴス携帯)とは

ガラケーはガラパゴス携帯の略で、ガラパゴス化した日本における多機能な携帯電話の端末を指します。

ガラパゴスは、エクアドルから西に約900km離れた太平洋に浮かぶ諸島で、他の国や島と交流がなかったため、独自の進化を遂げた植物や動物が数多く生息することで注目されています。

そんなガラパゴス諸島のように、IT技術で独自の進化をしながらも国際規格と異なっている状況をガラパゴスかと言うようになり、そこからの流れで日本の携帯電話はガラパゴス携帯と呼ばれるようになりました。

ガラケーの特色機能としては、絵文字、TVが見れるワンセグ、おサイフケータイ機能のFeliCa、メガピクセルカメラ、生体認証(指紋認証)、赤外線通信、3D機能、Bluetoothなど。今でこそスマートフォンにはおサイフケータイや指紋認証、Bluetoothなどが搭載されているが、当時としては画期的であると同時にこれらの機能は日本市場でしか受け入れられなかった背景があります。また、日本国内の通信方式が世界標準ではなかったこともあり、他社が参入しづらかった背景もあります。

ガラケーはほとんどすべてが日本国内のメーカーによって製造され、日本国内の携帯電話市場で販売されていまいた。前述の通り、機能や性能についてはかなりハイスペックなのですが、当時の世界標準で求められている仕様からは大きく外れていたため海外市場に進出できず、日本市場だけで孤立している状況になってしまいました。そうした背景から「ガラケー」と呼ばれるようになりました。

また、ガラケーはスマートフォンとの対比として「旧タイプの携帯電話端末」といった意味合いで使われることが多いため、日本においてのガラケーはフィーチャーフォンの意味合いとほぼ一致しています。

ガラケーの出荷は、ドコモは2016年、同業他社も2017年ガラケーの生産を終了。また、ガラケーは主に3G回線を利用しますが、docomoが2026年の3月末、auが2022年の3月末、Softbankが2024年の1月下旬に3Gサービス終了予定と発表していますので、あと数年以内にガラケーの歴史は完全に幕を閉じる予定となっています。