X-Locations 用語集

あ行

ランディングページ

ランディングページとは

ランディングページ(Landing Page)は、Google・Yahoo!といった検索エンジンや各種広告経由で訪問者が一番最初に閲覧したページのことを指します。
訪問者がホームページに着地する(land)ところからランディングページ(省略してLP)と呼ばれます。

ホームページは、必ずしもトップページから見られるとは限りません。検索エンジンで特定のキーワードで検索してホームページにたどり着いたページがトップページではなかったという経験は誰しもが持っていると思います。例えば、気になるスポーツ選手の名前で検索すれば、総合ニュースサイトの中のスポーツニュースコーナー内に掲載されている、その気になるスポーツ選手にまつわる記事にたどり着くことが多いでしょう。渋谷駅にいる人がカラオケと検索すれば、大手カラオケチェーン店のホームページの中の、渋谷店を紹介するページにたどり着く…といったように、必ずしもホームページのトップからサイトを見るわけではないということはご理解いただけると思います。(トップページからの流入は、全体のアクセスの内20%程度と一般的に言われています。)

このように、検索エンジン内で自然検索でホームページに訪れた際に表示されるページはコントロールできませんが、リスティング広告やディスプレイ広告といった各種ウェブ広告からホームページに遷移させる時は、一番最初に表示させるページを指定できます。その場合はホームページのトップ、サービスの紹介ページ、資料請求のページなどを設定させるのが一般的です。

しかし、一般的なホームページは情報量が多く、且つたくさんのページに情報が分散しているので他のページに目が映って遷移してしまい、結果コンバージョンまで至らないケースが見受けることも。
ですので、リスティング広告やディスプレイ広告の遷移先のページは、縦長の1枚に必要な情報を全て集約させて他のページへの遷移(離脱)を防ぎつつコンバージョンへ誘導する形式にすることが一般的となってきました。

このように、縦長の1枚に情報を集約したページの事もランディングページ(省略してLP)と呼ぶようになっており、前出のアクセス解析的な意味合いのランディングページよりもこちらの意味を指すことが一般的となっています。

改めて、このランディングページの作りの特徴についてご説明したいと思います。

1.レイアウトが縦長

ランディングページは1枚にすべての情報を集約させています。ですので、ファーストビューの興味付けから商品やサービスの説明、魅力的なオファー、申込や登録フォームといったように、コンバージョンまでのアクション誘導を全て単独ページで完結するように設計する形になっていますので、通常の企業ホームページよりもセールスレターやチラシに近いレイアウトだったり、また営業がパワーポイントの資料を使って説明するようにストーリが流れるように作られていることが多いのが特徴です。

2.他のページへ遷移するリンクがない

ランディングページは他のページのリンクが極端に少ない傾向にあります。これは、ランディングページを見た訪問者がコンバージョン(ゴール:商品購入、問い合わせ、資料請求、会員登録など)のアクションを起こさせやすいように、わざと他のページを作らずにコンバージョンまで1本道の導線でホームページを設計しているからです。他のページを見られる方が情報を自発的に集められていいのでは?と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、他のページに遷移されるよりも1枚に集約させたほうが成約率が高いことが証明されています。

3.デザインが派手

一般的な企業ページに比べてランディングページには派手なデザインになることが多いです。特に、そのサービスや商品の売りになるポイントとなる説明文は、フォントを大きくしたりデザインを派手にしたりと読み手にメリットが頭に残るように強いインパクトを意識したデザインが求められます。

ランディングページはテキストもキャッチーなフォントを使った画像で見せることが多いので、SEO対策には不向きなページなることが多いですが、その反面広告との親和性が非常に高いページです。広告配信を行っている企業様でまだランディングページを持っていないところは、ぜひ作成に取り掛かってみてはいかがでしょう。