GLOSSARY 用語集

位置情報マーケティング

位置情報マーケティングとは

位置情報マーケティングとは、GPSや携帯電話の基地局、Wi-Fi、ビーコンなどから得た位置情報データを活かし、お店や施設など特定エリアの来訪者の動向を分析してプロモーションに活用する手法です。

実際に店舗へ訪れている人はどこの地域に住んでいる人が多いのか?、どの曜日や時間帯に来ることが多いのか?、また、他にどのようなお店や施設に訪れているのか?など、来訪者の情報を位置情報を元にデータで視覚化して分析を行い、その分析結果からこれまで気づかなかったエリアの特徴を見つけ出すことで消費者の動向を意識した緻密な販促施策に繋げることが特徴です。

特に店舗を運営管理する方には位置情報マーケティングは重要となります。周辺エリアに訪れる来訪者の人物像(性別、年齢、世帯年収など)を把握し、集客に活かせる効果的なエリアマーケティングや、競合店舗の分析、出退店計画時のシュミレーション作成などさまざまな場面で活用が進みます。

これらの位置情報を活用したマーケティングは、エリアごとの特徴を活かした店舗マーケティング施策だけでなく、観光分野や地方自治体などその活用範囲もマーケティング手法が活用されています。

位置情報データの安全性

位置情報マーケティングでは、個人を特定しない形で、GPS、携帯電話基地局、Wi-Fi、ビーコンなどから得られた位置情報データが利用されます。これらのデータは匿名化され、解析・統計処理が施され、個々のユーザーの特定は避けられます。最終的には、人流データとしてまとめられ、地域の動向や傾向を理解するために活用されます。個人情報の保護を重視し、安全性を確保した形で位置情報が有益に活かされています。

クロスロケーションズが提供する位置情報に関する取り組みや人流データの特徴についてはコチラをご覧ください。

位置情報マーケティングの実用的な利用例

位置情報マーケティングは、市場の分析からターゲティング広告など多岐にわたるビジネス領域で利用されています。特定場所におけるオフラインの人の活動に適した広告配信やCRMといった攻めのマーケティング手法とも非常に相性が良いという特徴があります。具体的な利用例としては、広告ターゲティング、イベントプロモーション、観光地の人気分析などが挙げられます。

広告ターゲティング

例えば、位置情報マーケティングを使うと、遊園地で遊んでいる若者や子ども達に、スマートフォンのゲームアプリの広告を配信をすることができます。また、幼稚園に子どもを迎えに行く保護者に対して、自転車保険に関する広告を配信することもできます。ウインタースポーツが好きな30〜50代男性に対しては、雪山でも走行できる4WDの車のパンフレットを送ることも可能です。

さらに、自社の会員データと位置情報を紐づけて、来店頻度が高いお客様に対してDMを送る方法もあります。お店によく来るお客様に対して特別な情報やクーポンを直接送ることで、感謝の気持ちを伝え、次回の来店を楽しみにしてもらうことができます。

位置情報を分析することで、どこに住んでいるどんなターゲットにアプローチをすれば良いかが明確にわかるだけでなく、オンライン・オフライン問わず攻めの施策ができるため、マーケティングの精度を格段にアップさせることができます。

イベントプロモーション

地元のお祭りが開催される前に、その周辺に住んでいる人々に向けて、お祭りの日程や出店情報などを伝えることができます。そのため、地域を盛り上げるため、少しでも多くの地元の人に参加してもらい、お祭りやイベントを大成功させたい!といった願いも叶えることが可能になります。

観光地の分析

観光地での人々の動きを分析することで、どの場所に、どこの地域からどの年代が何時頃に多く訪れているかを把握することができます。これにより、ターゲットを絞ったサービスや新しいアトラクションの計画を立てたりすることができます。

位置情報マーケティングは、私たちの周りにいる人々の動きを理解し、それに合わせたサービスや商品を提供する強力なツールとなります。上記のような例を通じて、商売人や企業が、私たち一人一人に合った情報やサービスを提供するために使うことができるのです。

位置情報マーケティングで新たなビジネスチャンスも

位置情報マーケティングは、ターゲットに対して今までとは違う切り口でアプローチできる手法です。そのため未来のマーケティング戦略の中核として、今後ますます注目されていく分野になっていくことでしょう。人々の生活パターンと消費行動の変化に柔軟に対応し、地域特有のニーズに合った施策を展開することで、小売業、観光業、広告業界等、様々なビジネスシーンでの利用が期待されています。

位置情報マーケティングとは?についての説明イメージ

実際に、位置情報マーケティングの市場は近年急速に拡大しており、今後もその成長が予測されています。2020年から2027年にかけて26.3%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予測されるなど、最も注目されている技術の1つです。より効果的なマーケティング戦略が可能になることで、地域社会全体に新しい価値を提供する可能性を秘めているだけでなく、新しいビジネスチャンスが誕生することも期待されます。

このように、位置情報を使ったマーケティングは今までとは違う切り口でターゲットに対してアプローチできる手法なので、これからますます注目されていく分野だと思います。位置情報マーケティングを自社に何か取り入れる事はできないかとお悩みの方は、ぜひ当社までお問い合わせくださいませ。

位置情報データを活用したマーケティングに興味をお持ちの方は、以下「人流アナリティクス」の無料アカウントよりデータを活用してみてください。

データ活用情報

用語集TOPに戻る