X-Locations 用語集

あ行

市場調査

市場調査とは

市場調査(マーケティングリサーチ)は主なマーケティング手法の1つで、お客様のニーズ調査の事を指します。

企業は顧客に対して様々なサービスや商品を提供していますが、顧客像をきちんと把握することで適切なサービスや商品を開発することができます。

マーケティングリサーチの方法は多種多様です。顧客に対してアンケートや面談、グループインタビューを実施して生の声を集めたり、覆面調査(ミステリーショッパー)といって覆面調査員を店舗に直接送り込み、顧客を装ってサービスの質を把握したりなど、テーマに合わせた調査方法で適切な情報を集めます。

代表的な調査方法としては下記が挙げられます。

・定量調査
顧客に対して、対面やWebを利用してインタビューやアンケートを行ってデータを収集します。市場調査の中で一番ポピュラーな調査方法です。

・定性調査
年齢や性別、職業や趣味、家族構成など企業側が予め設定した共通条件の顧客を集めてグループを作ってインタビューを行う手法です。同じ共通項を持った者同士で集まっている分話が発展しやすいので本音を引き出しやすく、また本人も意識してなかった本質的な意見を引き出したりすることが可能です。

・覆面調査
第三者が一人の顧客として実際にサービスを利用し、顧客目線でサービスを評価する調査方法です。飲食業やサービス業といった店舗事業の利用が適しており、チェーン店の実態や店舗ごとのサービスの質にバラつきがないかを把握するために最も有効な手段の1つとして広く利用されています。別名「ミステリーショッパー」とも呼ばれていて、有名な「ミシュランガイド」もこの方法で調査を行っているなど広く認知されている調査方法です。

・統計調査
統計局や学者、調査機関などが公表している統計データを参考にして、ターゲットとなる顧客の属性(年齢・性別・職業・家族構成など)に合わせてデータを作成し、把握する調査方法です。国勢調査や人口推計、住民基本台帳人口移動報告、家計調査、全国消費実態調査、消費者物価指数(CPI)、地域メッシュ統計など、総務省発表のデータだけでも様々な統計データを把握することができます。

このように、過去については様々なデータから現状を把握することができますが、明日以降の未来の市場動向についてのデータについては、予測データを作ることでしか把握はできません。

まずは上記で挙げたさまざまな市場調査を用いてマーケティングリサーチに応用して実際に市場を予測し、その予測通りに市場が展開されたかどうか検証することで、よりその制度を高めることができるはずです。


商品(サービス)において需要と供給のバランスがとれていることは、ビジネス上最も大切なポイントの1つに挙げられます。企業側が考えた商品やサービスが、顧客側が必ず手に入れたいものとは限らないからです。市場調査を行わずに、独りよがりで商品やサービスを構築しても全く売れなくて失敗してしまうケースは多々あります。もちろん、市場調査をせずに構築した商品やサービスが大ヒットになる可能性もありますが、それは宝くじやギャンブルを当てるような運任せなもので、必然的ではありません。そのようなラッキーパンチを狙うよりも、目の前の様々な情報を集めて分析をするために、事前のマーケティングリサーチをきちんと行うことで、ビジネスの発展につなげることができるのです。