X-Locations 用語集

あ行

ネイティブアド

ネイティブアドとは

ネイティブアドは、各種ニュースサイトや情報サイトなどのメディアに記事の1つのように広告掲載面を自然に溶け込ませることで、広告を1つのコンテンツとして見てもらい記事へ誘導することを目的とした広告です。ここ数年でネイティブアドの需要が高まり、大手中小企業問わず様々な企業様がこの広告を利用しています。

ネイティブアドの種類

ネイティブアドは大きく6種類に分類されます。

・インフィード型
WEBサイトやアプリのコンテンツとコンテンツの間に表示される広告です。FacebookやTwitterなどのSNSでは投稿の間に、キュレーションメディアやニュースアプリどは記事コンテンツと記事コンテンツの間によく表示されている広告です。以前はテキスト文やバナー広告だけでしたが、最近では動画などのコンテンツも配信できるメディアも増加しています。

・検索連動型
Googleリスティング広告(旧アドワーズ)やYahoo!リスティング広告(旧スポンサードサーチ)が該当します。検索エンジンの検索結果画面最上部と最下部に、検索結果と同一フォーマットで広告が表示される仕組みです。クリック毎に広告費課金される仕組みから、PPC広告(Pay Per Click広告)やP4P広告(Pay for Performance広告)とも呼ばれます。

・レコメンド型
広告配信したい記事のように見せた広告を、レコメンド欄のあるサイトに表示する広告です。例えば、芸能ニュースサイトの記事下に「おすすめ記事」や「関連記事」といった記事に似せた広告のことを指します。WEBサイトやアプリに表示される広告は人ぞれぞれにあったものが表示される形式で、ターゲティング広告としても利用可能です。ページ最下部に表示されることが多い広告ですので、視認性は他の広告フォーマットより低い場合があります。

・プロモートリスティング型
「Amazon」「楽天」といったECショッピングモールや、「ぐるなび」「食べログ」といったグルメサイト内の検索上位に表示される広告。ユーザーが検索したキーワードやサイト内の閲覧履歴を元に最適化された広告が表示されます。上位に表示されているので目に留まりやすいですが、検索という行動は、ユーザーの“能動的で具体的な目的を持ったアクション”なので、それに応えられるもの(クリエイティブやリンク先ページ)でないといけません。また、広告の遷移先が同じサイト内になるため、比較的離脱率が低いく、またコンバージョン率が高いのも特徴の1つです。

ネイティブアドのリスク

ネイティブアドは媒体内の記事やコンテンツに溶け込ませて広告を掲載するため、純粋にサイト内のコンテンツを見に来たユーザーにとって広告色が強かったり、またサイト内のコンテンツと広告の関連性が低い内容だったりすると、その広告が嫌がられるだけでなく、サイトへの不信感に繋がってしまいます。ネイティブアドを使う時は、掲載先のメディアやサイトの特徴をしっかりと見極めて広告内容が浮かないように気を付けましょう。