X-Locations 用語集

さ行

商圏分析

商圏分析とは

商業施設や小売店、商店街などの実店舗を消費者が日常的に利用している地理的範囲を、さまざまな定量データをもとにして販売戦略や店舗開発に活かすための分析を指します。

「店舗の売上が伸びない、売上単価がなかなか上がらない…」「集客が全然うまくいっていない…」「リピーターになってくれない…」など、さまざまな課題を抱えている実店舗において、企業や店舗を取り巻く商圏について正確に分析することで、売上効率を上げ生産性を向上させるヒントに繋がります。

例えば、顧客の個人情報を持つ小売店であれば、顧客の住所や年齢、性別、未婚・既婚などの情報を元に分析することで、どこに広告を打つべきか、どのターゲットに向けてのキャンペーンを企画すればよいかなど、より高い精度の分析ができます。
また、商圏範囲内の競合店がどの程度あるのか、競合店と比べてサービスや値段、顧客満足度が劣っていないかといった分析も有効です。
顧客情報については、ポイントカードやポイントアプリ等を利用することで取得可能です。しかし、個人情報漏洩の不安や利用履歴を流用されたくないなどの理由から個人情報の提供に抵抗を持つ人も増えており、思うように個人情報が取得できないかもしれません。
そういった場合に、位置情報マーケティングツールを使えば、顧客の個人情報を持ち合わせていなくても、自店舗を利用している人がどこに住んでいるかということや、性別や年齢分布、競合店とのカニバリゼーションがどの程度あるか、といった商圏分析を行うことが可能です。

また、商圏は店舗のジャンルや取り扱っている商品・サービスによって範囲が変わります。例えば、食料品や日用品などは近所のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで買うことが多いと思いますが、アパレルや大型家具、家電、車などを買う場合は自宅から少し離れた専門店で買うケースや、ブランド品や贈答用の商品であれば主要大型駅にあるデパートまで出かけるといったケースが考えられるからです。また、人口密度が高い大都市の商圏と郊外や地方の商圏の場合、同じ商品やサービスであっても商圏は全く違うものになります。
商圏分析において最も大切なポイントは、分析を継続的に行い、常に商圏の変化を知ることです。定期的に分析をしなければ、商圏内のニーズや競合が変化していることに気が付くことができなくなってしまいます。

定期的に商圏分析を行い、変化を追いながら常に競合を意識した経営戦略を立てる事が有効的です。