X-Locations 用語集

や行

ユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンスとは

ユーザーエクスペリエンス(UX:user experience)は、製品・システム・サービスなどを利用した際にユーザーが得た体験を指し、「ユーザー経験」「ユーザー体験」と呼ばれることもあります。

製品などの使いやすさ、わかりやすさは勿論のこと、ユーザーの行動を促してユーザーが実現したいことを心地よく、また楽しく実現できることを目指した概念で、ここ最近特にWeb業界で重要視されています。

ユーザビリティ(usability)と言葉が似ていますが、ユーザビリティは使いやすさを実現したもので、ユーザーエクスペリエンスが掲げる「心地よさ」が欠けています。そういった面から、ユーザビリティを超えた概念とも言えるでしょう。

また、ユーザインターフェース(UI:User Interface)とも少し概念が異なります。ユーザーインターフェースは「人とモノ(主にコンピューター)との接点」という意味で、人がシステムや機械を操作するために接れるものを指します。

例えば、カーナビや切符の券売機、スマートフォンやタブレットなど指で触って動かすシステムの外観に関わる部分はユーザーインターフェースと考えられます。ですので、それらの画面にあるボタンのデザインや文言、配置場所などを使いやすく考えたりすることが最も大切な業務の1つと言えるでしょう。また、カーナビなどのシステム以外でも、コンビニのコーヒーマシンや掃除機、炊飯器といったような「モノ」に対してもユーザーインターフェースの考え方が必要となります。

日本ではユーザインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)を一緒に考える事が多いですが、UXデザインはユーザビリティとUIデザインも含めた「ユーザー体験」自体を設計することを目指すので、全てを包括しているのはユーザーエクスペリエンスであると言えます。

ユーザーエクスペリエンスの成功例で挙げられる有名なものとしては、スマートフォンアプリのLINEがその1つでしょう。自分の送ったメッセージと相手から受信したメッセージがチャットのように1画面で発言順にメッセージが流れて表示できることで、会話の流れを一つの画面で確認することができます。また、グループ機能を使うことで複数人でメッセージのやりとりも1画面で行えるように。また、スタンプを使えばあいさつや返答を「絵」で端的且つ感情も合わせて伝えることができるようになり、また言語がわからないもの同士でもスタンプで会話が成立してしまうなど、インターネット上のコミュニケーションの幅が一気に広がりを見せた画期的なアプリだと言えます。

また、LINEなどのアプリを生み出した土台となるスマートフォンの先駆けである「iPhone」もユーザーエクスペリエンスで最も成功した製品の1つです。それまでの携帯電話は、通話とカメラとメールがメインだったのが、パソコンのようにインターネットで検索をして様々なWEBサービスを使えるようになり、結果としてスマートフォン画面に合わせたWEBサイトやサービス作りが進んでいったり、また前述のLINEのようなアプリケーションが生み出される土壌ができるなど、今では人々の生活に欠かせないものとなっているほど強烈な心地よさ=ユーザー体験を提供した製品になりました。このように、ユーザーがシステムや製品に触れた時に強烈な心地よさをユーザー体験として提供できることを更に心がけることで、新たなより良いサービスが生まれるかもしれません。