X-Locations 用語集

は行

Beacon(ビーコン)

Beacon(ビーコン)とは

ビーコンは、もともとは標識や灯台、のろし、かがり火などの意味を持つ英単語です。定期的に周囲に向けて光や電波などを発する装置から現在地や方角、進行方向などを知ることを意味します。

特に、IT界におけるビーコンは、低消費電力の近距離無線技術「Bluetooth Low Energy」(BLE)を利用した新しい位置特定技術、また、その技術を利用したデバイスのことを言います。

Bluetoothの電波を発信する小さな端末で、そこから発信した電波の範囲内に入ったユーザーに対して、コンテンツの配信をしたり、メッセージ通知を送ったりすることが可能です。

ビーコンから発信する電波は強度調節が可能で、特定の場所に訪れたユーザーのみに特別なコンテンツを配信するといった使い方もできます。

例えば、ビーコン電波の発信圏を店舗の中だけに留めることで、実際にユーザーがお店の中に来店した時にだけクーポン情報をスマートフォンのアプリに通知する、といったような活用が可能になります。

たとえば、イオンモールのようなショッピングモール内の施設マップなどにも使われています。

観光地や商業施設の案内、美術館や博物館の音声ガイド、催事場やイベント会場でのイベント情報発信、小売店でのキャンペーン情報配信など、位置情報を活用することでさまざまな情報発信サービスに利用されています。

GPS機能(Global Positioning System)と一見似ているようにも感じますが、ビーコンはビーコン自体が発信しており、人工衛星から発する電波を活用するGPSとでは発信源が全く異なります。

そういった背景もあり、GPSは建物の中や地下だと電波が遮断されて受信できなくなりますが、ビーコンは建物の中や地下でも受信が可能です。

また、ビーコンはある程度の距離内しか受信できませんが、GPSは広範囲で受信が可能です。