X-Locations 用語集

ら行

ロケーションテック(Location Tech)

ロケーションテック(Location Tech)とは

ロケーションテックは、ロケーション(位置情報)と技術(テクノロジー)を組み合わせた造語です。また、位置情報サービス業界において新たなテクノロジーを活用することで生み出した新しい価値や仕組みのことを指します。

様々な位置情報データの活用技術を主軸としてビジネスを行う業種分類とその属する企業をまとめた「 ロケーションテック カオスマップ」が公開されています。「Tech(テック)」は「Technology(テクノロジー)」の略語です。

※「ロケーションテック」の名称はクロスロケーションズの商標又は登録商標です。
ロケーションテック(Location Tech)とは

位置情報データを活用した新たな技術開発やサービスは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により都市や特定地域への人流の変化や混雑状況の把握、働き方の多様化によるオフィス出社率の変化、さらには身近なスーパーや百貨店などの店舗商圏における態度変容など人々の様々な行動の変化を計測するために活用が大きく広がりました。

ロケーションテックの活発化の背景

これまではデジタル地図サービスなどの技術活用を中心として、5年に1度行われる国勢調査のデータや各種統計データを元にした商圏分析やエリア負けティングが一般的に活用されておりましたがロケーションテックにより、携帯基地局、Wi-Fi、スマートフォンの高精度なGPS位置情報データなどのデータ活用を用いたサービスにより、人流変化が起こっている今を素早く把握できることができるようになり、その活用は大きく広がり始めました。また、これらのデジタル技術を最大限に活用したこれからの活躍が期待されています。

※国勢調査は、日本国内の人口や世帯の実態を明らかにするために5年ごとに行われている統計調査です。

ロケーションテックの発展によりできること

ロケーションテックの業界では、AIを活用したデータ分析に大きな注目が集まっており、その技術は、小売・外食業界、不動産・建設業界、金融業界、マスコミ・メディア、行政、自治体などその活用分野は幅広く活用が始まっています。

その活用はいまや人流分析による店舗への集客や、出店計画、企業の事業活動状況の把握、リアルイベント時の人出の効果測定、渋滞計測、行政の人流調査、飲食業界におけるフードロスの削減といった、ビジネスから社会課題の解決まで幅広く応用ができる為、この可能性に溢れたロケーションテックというマーケットに様々な業種から新た市場へ参入する企業が増えています。
ロケーションテックが活用される業界