お知らせ

NEWS
2020年08月31日

アフターコロナの消費動向大変化に対応する新広告パッケージをリリース

コロナ禍の“新しい行動様式”による消費者行動・商圏変化を位置情報ビッグデータで把握し

効果の高いSNS(LINEなど)広告の配信を実施するオールインワンの特別パッケージ

位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform™️ (ロケーションエーアイプラットフォーム、以下「LAP」) 」を開発・提供するクロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介、以下クロスロケーションズ)は、2020年 8月31日に、コロナ禍による消費者の行動、購買動向、商圏などの変化を位置情報ビッグデータで把握した上で、効果の高い地域にLINE、Facebook、InstagramなどのSNS広告配信を実施して効果を測定する“アフターコロナ対策広告パッケージ”を提供開始します。

1

 LAPは、AIが位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・見える化を行った上で、位置情報を使ったLINEなどのSNS広告、スマホ広告やDM、チラシ、ポスティングなどのエリアマーケティングの実施と効果測定を一気通貫で実行できるプラットフォーム製品です。

 コロナ禍において人々の外出自粛と緩和が繰り返され、その行動や購買動向が大きく変化しています。顧客傾向や商圏が変わった、来店時間のピークが変動するなど、店舗を運営する上でも考慮するべき様々な変化が如実に現れています。

 これらの変化を正確に素早く捉え、消費者に選ばれ続けるお店・商品として成長していくためには「データに裏付けられたマーケティング戦略」の実施が不可欠ですが、従来の手法(店舗周り半径〇〇キロを対象にする、店頭での実測のみで判断するなど)では、コロナ禍の影響による変化を、正確に捉えることは難しく、加えて、どこにどのようなマーケティング施策を実行するべきか、判断しづらいのが現状です。

 位置情報ビッグデータ解析を行うことで、コロナ前後の消費者行動変化の可視化が可能です。今回のパッケージは、データで変化を把握し、課題がどこにあるのかを明確にした上で、最も効果が期待できる地域・ユーザー層にLINE、Facebook、InstagramなどのSNS広告を配信して、その効果を再度データから確認することができる必要な機能とツールの設定代行まで含まれた「コロナ変化対策オールインワン」パッケージとなっています。

アフターコロナ消費大変化対策パッケージ

本パッケージの特徴
1.コロナ禍における消費者行動変化をデータで把握

自社店舗・施設に来訪する消費者の行動変化を位置情報ビッグデータが解析します。コロナウイルス感染拡大前後での消費者の来訪数や実勢商圏の変化、従来の「ロイヤル顧客地域」の変化などを多角的にデータから可視化します。

コロナの影響による競合との商圏内シェア変化や消費者の買いまわり傾向の変化なども把握できます。

 

2.SNS広告を使って、広告効果を検証

LAPは、位置情報ビッグデータを解析し、その結果をSNS広告配信が可能なプラットフォームです。

LAPを活用することにより、ビッグデータ解析結果から配信エリアを選択可能になることに加え、通常のSNS広告ではできない町丁目単位でのエリアを選択し、精度高く潜在層へアプローチが可能です。

SNS広告実施前後の来訪率・商圏内シェア率も丁目単位で比較し検証できるので、各販売促進施策の効果測定が行え、データに裏付けられたマーケティングが行えます。

3.分析と変化の比較、広告キャンペーンの実施・測定 業務を当社側で代行

本サービスパッケージには、LAPでの分析実行のための設定、可視化、SNS広告の実施・測定などの業務が含まれています。利用企業ご担当者はマーケティング施策を行いたい店舗・地域を指定するだけで、コロナで変化した消費者に対応したデータに基づいた広告マーケティングの結果を得ることができます。

 

今後もクロスロケーションズは、「 Location AI Platform™️ 」の更なる機能開発を通じて、コロナウイルスによる危機を乗り越えるため、激動する社会の多様化するニーズや市場環境に活用できるサービスの開発・提供してまいります。

 

◼︎ 製品の概要
概要:位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム Location AI Platform™️
“アフターコロナ対策広告パッケージ”
条件:分析地点数:10ヶ所
ダッシュボード:5機能
主な機能:前日までの人流のモニタリング(日別・時間別)機能、ポテンシャル商圏マップ、丁目単位シェア比較マップなど)
SNS広告出稿 90万円分
利用期間:3ヶ月間
分析地点とダッシュボード10枚の設定作業
操作方法のトレーニング
価格:180万円+税
◼︎ セミナーのご案内
コロナ禍の消費者行動変化をデータで把握
  位置情報とSNS広告で実施する最適なコミュニケーション
開催日:8/28(金) 17:00-18:00
会場:Zoom
費用:無料
 
コロナによる消費者の大変化を迅速に把握し対策を打つ! 事例から学ぶコロナ対策の成功例
開催日:9/3(木) 17:00-18:00
会場:Zoom
費用:無料

 <クロスロケーションズ株式会社について>

 「多種多様な位置情報や空間情報を意味のある形で結合・解析・視覚化し、誰でも活用できるようにすること」をミッションとしています。位置情報ビッグデータをAIが解析・視覚化する独自技術である「Location Engine™️」の開発と、それをビジネスに生かすプラットフォームである「 Location AI Platform™️ 」の開発・提供により、”ロケーションテック”を推進しています。
 
社名:クロスロケーションズ株式会社(X-Locations Inc.)
代表者・取締役:代表取締役 小尾一介
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F
事業内容:位置情報ビッグデータ解析エンジン「 Location Engine™️ 」の開発と、ビジネス活用クラウド型プラットフォーム Location AI Platform™ の開発・提供


<本リリースに関するお問い合わせ>
クロスロケーションズ株式会社 広報担当
pr@x-locations.com


本リリースのPDFはこちらから

 

 
他社登録商標・商標等、記載されている会社名・品名は一般に各社の登録商標または商標です。