NEWS お知らせ

2020年10月29日

プレスリリース

『全国人流グラフ』に気象情報データを追加し 一般公開

位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム Location AI Platform

全国9業種の店舗周りと主要60都市の人流変化が一目でわかる『全国人流グラフ』に各日の気象情報データを追加して 一般公開

〜毎日更新!業界別・都市別に、前日比と昨年比、過去1ヶ月間の日毎の人流のボリュームを人出に関係の深い気象情報(晴/雨、最高/最低 気温)と合わせて、誰でもすぐに把握可能に〜

 

 クロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介)は、ウェブサイトの全面リニューアルに加え、日本全国の主要業種・業態別の店舗周辺と、主要都市の人流変化を素早くかつ容易にウェブサイト上で確認可能な「全国業種・業態&主要都市人流グラフ」の「主要都市人流グラフ」に、気象情報を追加し、一般公開しました。

「全国業種・業態&主要都市人流グラフ」は、自社開発する位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform™(ロケーションエーアイプラットフォーム、以下「LAP」)」の1つの機能で、任意の地点・エリアの人流変化をモニタリングし視覚化する「デイリー来訪速報」機能を用い、主要9業種と全国主要60都市の人流ボリュームが準リアルタイムで変化を確認できます。今回、各都市の日毎の気象情報(天候・最高気温・最低気温)を、追加しました。

(URL: https://www.x-locations.com/peopleflow-map/)

 

都市別人流グラフ

 

 都市別の人流グラフでは、政令指定都市などを中心に全国の主要60都市の人流変化と気象情報を一度に確認可能です。各都市の日毎の人流変化を、前日比・昨年比(%)で表示、加えて、各都市の詳細ページでは、直近1か月の推移と昨年同月の推移を、気象情報と合わせて確認できます。

データおよびグラフは毎日更新され、”前日24時までのデータが翌日13時頃に反映され”、準リアルタイムで変化を把握できます。

 コロナウイルス感染への懸念から人々の行動が変化する中、人々の行動を大きく左右する気象情報も合わせて、それぞれの都市の人出の変化を比較したり、大都市圏と地方中核都市の違いの理由を推測しやすくなりました。

 

都市別人流グラフ

 

業種・業態別人流グラフ

 

 主要業種別の人流グラフでは、全国のコンビニ・スーパー・ホームセンター・ファミレス・ドラッグストア・家電量販店・テーマパーク・百貨店・ファストフードの9業種を対象としています。9業種の全国店舗リストよりランダムサンプリングを行い、そのデータを、Location AI Platform(LAP)に登録し、人々の移動の匿名位置情報ビッグデータとの相関関係を独自数理処理により集計し、分析・グラフ化して、業種業態別に表示しています。

 

今後もクロスロケーションズでは、位置情報や気象情報に限らず、各種ビッグデータとの連携により、”ロケーションテック”の深化および拡大をリードし、身の回りの人流変化に関心をもつ人々や、データの活用を検討する企業・自治体・報道関係者等が有効に利用できるコンテンツの提供を目指してまいります。

 

 なお、LAP製品版の「デイリー来訪速報」では、推計人数(人)が表示されます。詳しくはお問い合わせください。

※ 人流変化:特定地点・エリアに訪問した人々の数をビッグデータから複数の独自統計処理し、時間経過を伴って推計したもの。

 

 

◆詳細

本人流モニタリングは、Location AI Platformの「デイリー速報」機能を使用しております。
デイリー速報」の詳細についてはこちら:https://www.x-locations.com/visit-analysis
対象業界:
全国のコンビニ・スーパー・ホームセンター・ファミレス・ドラッグストア・家電量販店・テーマパーク・百貨店・ファストフードの9業種。
全国に立地する店舗から無作為に2,000ヶ所を選択し算出しています。なお、テーマパークは無作為に30ヶ所を算出しています。
対象都市:
全国60都市の主要駅周辺半径500mの範囲。
 北海道地方:札幌、旭川
 東北地方:青森、弘前、秋田、山形、盛岡、仙台、郡山、福島
 関東地方:新宿、渋谷、横浜、大宮、宇都宮、水戸、取手、船橋、高崎
 中部地方:名古屋、甲府、浜松、静岡、新潟、長野、松本、富山、岐阜、金沢
 関西地方:難波、梅田、京都、神戸、福井、草津、石山、津、四日市、奈良、三ノ宮、和歌山
 中四国地方:広島、岡山、米子、鳥取、松江、下関、高松、徳島、高知、松山
 九州地方:博多、天神、大分、宮崎、熊本、佐賀、長崎、鹿児島、那覇
気象情報:visualcrossingを採用(参考:https://www.visualcrossing.com/weather-api)

 

 

◾️ Location AI Platform とは

Location AI Platform は、匿名位置情報ビッグデータをAIが素早く分析・視覚化して、販売促進・マーケティング・需要予測などで活用できるプラットフォーム製品です。

流通・小売、外食、不動産などの様々な業種・業界を代表する企業で活用されています。

 

◾️ クロスロケーションズ株式会社について

 「多種多様な位置情報や空間情報を意味のある形で結合・解析・視覚化し、誰でも活用できるようにすること」をミッションとしています。位置情報ビッグデータをAIが解析・視覚化する独自技術である「Location Engine™️」の開発と、それをビジネスに生かすプラットフォームである「 Location AI Platform™️ 」の開発・提供により、”ロケーションテック”を推進しています。

 

代表者:代表取締役 小尾一介

所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F

事業内容:位置情報ビッグデータ解析エンジン「 Location Engine™️ 」の開発と、

     ビジネス活用クラウド型プラットフォーム 「Location AI Platform™」 の開発・提供

URL:https://www.x-locations.com/

 

■PDF版はこちらからダウンロードできます。