NEWS お知らせ

2022年03月07日

プレスリリース

国内初!全国の店舗位置データを網羅 主要13業界別の人流変化トレンドをWebサイトで一般公開 業界別の推計来訪数値データの販売も開始

~全国13業界の人流データをビジネスデータとして活用可能に~

クロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介)は、この度、独自開発した位置情報ビッグデータ解析エンジン「Location Engine™」を使用して主要業界の店舗・施設周りの日々の人流変化がひと目でわかる「業界別人流トレンド」を公開しました。

公開にあたり、業界の数を13に拡大の上、(コンビニ・スーパー・ホームセンター・ファミレス・ドラッグストア・家電量販店・テーマパーク・百貨店・ファストフード、ガソリンスタンド、自動車販売店、ホテル/旅館、大型ショッピングモール)各業界の全国の店舗を網羅してシステムに登録しました。また「業界別人流トレンド」で表示しているグラフの元となっている「業界別の推計来訪数値データ」については2022年3月より販売を開始します。
データの販売開始により、13業界の人流データをビジネスデータとして活用可能になります。

主要13業界別の人流変化トレンドtop

「業界別人流トレンド」の拡大と「業界別の推計来訪数値データ」販売開始の背景

2020年からの新型コロナウイルスの流行と緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令により、外出の機会や出社の制限、在宅勤務や郊外への移転など、人々の生活様式が一変し2年近い月日が経過いたしました。コロナ禍で人流の可視化が求められ、消費者行動が大きく変化すると共に、「人流」という言葉が広く認知されるようになりました。

先進的な企業ではユーザーのリアルな行動データ(人流データ)をマーケティング、店舗開発、投資情報、交通路線開発、屋外広告測定などに利用する動きが広がっています。都市・地域別の人流トレンド集計については既に取り組み企業もあり、国土交通省をはじめ、データを取得可能な状況になっていますが、業界別のトレンドデータは他にはなく、全国の各店舗位置情報データを元にした分析データは国内初となります。当社の「業界別人流トレンド」データの提供は、ビジネス活用から社会問題解決まで、多方面での利活用が期待されています。

人流データで人々の実世界での移動や活動をいちはやく把握

この度の人流データ「業界別人流トレンド」においては、主要13業界の全国の店舗位置情報データを網羅の上、システムに登録しました。(下表参照)

データを元としたトレンドのグラフは日々更新され、業界別の人流トレンドの昨日比、昨年比が「見える化」されます。また、この「業界別人流トレンド」で表示しているグラフの元となっている「業界別の推計来訪数値データ」の販売を開始することにいたしました。
「業界別の推計来訪数値データ」は企業にとって、ユーザーの動向分析や、各業界の店舗周りでの人流の違いが把握できる等、リアルとデジタルを連動させた取り組みも可能になるため、このデータ活用がさまざまな業種業態でのサービス向上につながります。

システムに登録されている各業界別の店舗・施設数
業界 店舗・施設数
コンビニエンスストア 49,844
スーパーマーケット 21,509
ドラッグストア・薬店 16,142
ファミリーレストラン 6,801
ファーストフード 7,593
デパート 2,114
ホームセンター 4,393
家電店 24,261
テーマパーク・遊園地 554
ガソリンスタンド 27,671
自動車販売店 21,701
ホテル / 旅館 21,536
大型ショッピングモール 343

当社の人流データは、ユーザーからの利用許諾を得たスマートフォンアプリのGPSデータ*の位置情報データを独自に開発した「location Engine ™️」により、地図・施設情報と連携させて解析した推計データです。このたびの主要13業界の店舗・施設周りの日々の人流変化グラフは、「location Engine ™️」の数値データを利活用するプラットフォームである「Location AI Platform®(ロケーションエーアイプラットフォーム)」の「推計来訪速報機能」を利用しています。(*ユーザーから個人情報を紐づけない形で分析利用を目的に第三者利用について許諾を得たデータのみを利用しています。https://www.x-locations.com/privacy-policy/

▼下記サイトURLより毎日更新されているデイリーベースのデータをご確認いただくことが可能です。
https://www.x-locations.com/peopleflow-map/

「主要都市人流トレンド」も一般公開中

「全国主要60都市」の人流変化トレンド(昨日比、昨年比)もその日の気温データと共にご確認いただけます。

▼下記サイトURLより毎日更新されているデイリーベースのデータをご確認いただくことが可能です。
https://www.x-locations.com/peopleflow-map/

「業界別の推計来訪数値データ」提供方法

「業界別人流トレンド」で表示しているグラフの元となっている推計来訪数値を、業界別合計日別データとして提供します。

  • ・販売価格:1業界につき6ヶ月で19,800円(税込・月々3,300円)から
    ※オプションで過去データのご提供も可能
  • ・提供方法:ご要望に合わせてデータを抽出し提供する形となっております。

まずはお問い合わせにご連絡ください。https://www.x-locations.com/contact/

今後の人流データの活用について

人流データは店舗への集客マーケティングや、企業の事業活動状況の把握、屋外広告の視聴状況把握、イベント時の渋滞計測や、飲食店のフードロスの削減にむけた人出の情報、行政の人流調査、といったビジネスから社会課題の解決まで幅広く利用が可能となっています。クロスロケーションズでは、今後も位置情報ビッグデータのAIによる独自技術開発技術を進めて社会、経済、生活、環境の改善に役立つサービスを提供して行きます。

<関連リリース>

◼︎ Location Engine™と Location AI Platform®、リアル人流モニタリング

Location Engine™は、クロスロケーションズが独自に開発している、匿名位置情報ビッグデータと大量のPOI情報を結びつけてAIによりさまざまな解析を行うシステムです。Location Engine™をクラウド経由で利用して分析実行・視覚化・データ活用を行うLocation AI Platform®の基盤システムです。
Location AI Platform®は販売促進・マーケティング・需要予測などで活用できるプラットフォーム製品で、流通・小売、外食、不動産、金融などの様々な業種・業界を代表する企業で活用されています。
リアル人流モニタリングはLocation AI Platform®のファミリー製品で、自由に登録した地点の「人流=人出の変化」を見える化することに特化したクラウド型月額課金製品です。

Location Engine™ Location AI Platform® リアル人流モニタリング

◼︎ クロスロケーションズ株式会社について

「多種多様な位置情報や空間情報を意味のある形で結合・解析・視覚化し、誰でも活用できるようにすること」をミッションとしています。位置情報ビッグデータをAIが解析・視覚化する独自技術である「Location Engine™️」の開発と、それをビジネスに生かすプラットフォームである「Location AI Platform®」の開発・提供により、‟ロケーションテック”を推進しています。

代表者:代表取締役 小尾一介
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F
事業内容:位置情報ビッグデータ解析エンジン「Location Engine™」の開発と、
ビジネス活用クラウド型プラットフォーム「Location AI Platform®」の開発・提供
URL:https://www.x-locations.com