用語集

glossary

エリアマーケティングとは

エリアマーケティングとは、「地域ごとに特化した戦略」。
「地域密着型マーケティング」と言い換えることもできます。

地域特有の風土や地場産業、競合の有無、交通インフラ、地域住民の世帯構成・収入・男女比・年齢なども考慮してどの地域を狙えばいいのか、どんな戦略でアプローチするのかを考えるマーケティング手法です。

3426896_s (1)

その特性から、エリアマーケティングを必要とする業種は飲食店などをはじめとした店舗ビジネスや駐車場、各種アミューズメントやイベントなど実際に消費者に足を運んでもらうためのビジネスが大半を占めます。


■一番大切なのは、「商圏」を知ること。
3186624_s
エリアマーケティングにおいて一番最初に必要なのは、消費者が生活する上で利用する店舗などを地理的な範囲を指した「商圏」を知ることです。

特に「商圏」は、そのビジネスの業態や商品ごとに分析をしていかなければなりません。

例えば、お菓子や飲み物を買おうと思った時は、近所のコンビニやスーパーなどを利用することが多いでしょう。

テレビやパソコンといった家電を買う場合は、主要な駅近やロードサイドの家電量販店に足を運ぶ人が多いでしょうし、お菓子もお客様などに送る「贈答用のお菓子」を選ぶ場合は、デパート・百貨店に行く方が多いでしょう。

このように、ビジネスによって商圏範囲は大きく変わります。

自分の展開するビジネスと地域の特性を考えて商圏を設定し、その商圏範囲に住んでいる人、訪れる人、近くの競合店舗などを調査した上で、適切なマーケティング戦略を計画するのです。


■出店計画にエリアマーケティングは必要
3528920_s
スーパー、コンビニ、美容院、喫茶店、居酒屋、レストラン、アパレルショップ、ジムなど、多くの種類の店舗ビジネスが存在します。これらの店舗ビジネスは、出店する地域市場をきちんと把握して出店計画を考える必要があります。

無計画な思いつきで「この場所に自分のお店を開こう」と言って店舗ビジネスを立ち上げて成功する確率は極めて低いです。たとえば、コンビニがたくさんあるエリアで、また新しくコンビニを自分で立ち上げたり、、お年寄りが多いエリアに20代向けファッションのアパレルショップを立ち上げたとしても、成功するイメージはなかなか持てないと思います。

ですから、調査した上で「高い反応が見込める地域」を選定して営業を行う事が大切です。このような効率の良い営業を行うために、エリアマーケティングは欠かせないのです。


■既存店舗でもエリアマーケティングは必要
3168463_s

既存店舗の商圏の中にある競合をきちんと定義して、その競合に負けないようにお店のコントロールをする舵取りが、経営に求められます。自店舗を利用している顧客の性別や年齢、またどの時間帯に訪れているかをきちんと把握することが大切です。また、自店舗だけでなく、競合店舗を利用している顧客の性別や年齢や、時間帯によって競合を含めたどの店舗に顧客が多く流れているかなどを調査することで、商圏内のトレンドを把握することができます。

■エリアマーケティングに「位置情報」を取り入れるべき

今、エリアマーケティングにおいて「位置情報」が高く注目されているのを知っていますか?
ケータイのGPS情報などから、人の動きの流れ(人流データ)を個人情報を含まない形式で取得。取得した位置情報ビッグデータはAIで解析を行うことで、人の動きを可視化できるのです。例えば、コロナウィルスによる自粛要請があった際に、「渋谷の街の人流が72%に減少した」というニュースや報道がなされるようになりましたが、これも位置情報を使ったマーケティング手法の1つです。

この位置情報を使ったマーケティングプラットフォームLocation AI Platformを使えば、、「自店舗の商圏に訪れている人がどこに住んでいるか」「自店舗に訪れている顧客が競合店舗にもどの程度行っているのか」「競合にはどんな顧客層が訪れているのか」「時間別で競合に勝っている時間、負けている時間はいつか」「複数ある自店舗同士でどの程度顧客がカニバリしているか」「コロナ禍前に自店舗に訪れていた人はどのエリアに住んでいるのか、またその顧客は今どこで何をしているのか」といったことがわかるようになります。また、これら位置情報のデータを、貴社で抱えている顧客情報を紐づけてリッチ化するCRM連携も行えます。

エリアマーケティングの精度を上げてビジネスをより高い精度で成功に導くために、位置情報を取り入れることを強くお勧めします。



1か月間無料トライアルお申込み

Location AI Platformを1か月間無料でお試しいただけます。
下記フォームよりお問い合わせください。