観光マーケティングとは – 人流データを活用した魅力ある観光体験づくり

更新日 公開日
執筆者 XLマーケティングチーム
観光マーケティングとは - 人流データを活用した魅力ある観光体験づくり

インバウンドや国内旅行の需要拡大で旅行業界は活気を取り戻しています。全国の観光地では、観光資源を活かした観光客の誘致に様々なプロモーション活動が行われています。この記事では、自治体の観光戦略に役立つ人流データを活用した観光客の分析から集客につなげる情報をご案内いたします。

INDEX

観光マーケティングとは

観光マーケティングは、観光地の魅力を最大限に引き立て、観光客を誘致する活動を指します。このマーケティング戦略は、単に訪れる人々に観光地の魅力を伝えるだけでなく、素晴らしい体験を提供することで観光客の満足度を向上させることを目的としています。

そのため、観光マーケティングは、地域の観光資源を活かしたサービスを提供することで、観光客に良い印象を与え、観光客のリピート来訪やSNSでの口コミ拡散につながります。そして、これらの活動を通じて、観光地のお店や周辺施設を含めた地域経済の活性化に貢献していく重要な活動となります。

観光マーケティングとは?

人流データを活用した観光マーケティング

観光マーケティングを行う際に重要となるのはどのような情報でしょうか。

人流データを活用した観光マーケティングは、これまでの観光マーケティングをさらに加速させることとに役立ちます。Wi-FiやスマートフォンアプリのGPSなど、モバイルデバイスから許諾を得た膨大な位置情報データを利用し、観光地に訪れる観光客の動向や滞在時間、性別や年代などの属性情報などを分析することができます。また、これらの分析活動を簡単に実施できるクラウド型のサービスで提供されている為、持続的かつ継続的に行う観光業の促進を目指す取り組みとなります。

以下、観光地やイベント会場の人の流れを見える化する人流分析ツール「人流アナリティクスツーリズム」を無料で体験いただき活用いただくことができます。

それでは、人流データを通して活用できる観光マーケティングの特徴を5つのステップでご紹介いたします。

観光マーケティングの特徴

人流データを活用した観光マーケティングの特徴

1.観光地の市場調査

観光客のプロファイルを分析し、どのような人が観光地に訪れるているかを実際に訪れた観光客のデータを元に分析いたします。位置情報を活用した分析結果から、観光客がどの地域から訪れ、年齢、性別、趣味・関心(関連する活動や行動より判断)などの要素を考慮し、効果的なマーケティング戦略を策定します。

2.イベントの企画・開催

コロナ禍前の過去データから観光客の行動を遡り、曜日時間帯別に混雑状況や観光地での人の動きを把握することができます。分析を通して、今後の観光地の魅力を引き立てるイベントを企画し、開催します。また、季節のイベントや文化的な祭り、スポーツ大会などを通じて、観光客を呼び込みます。

3.パートナーシップの構築

人流データを通して、過去の観光客の行動データから関連性の高い地元の企業や団体と協力し、相互の利益を追求するパートナーシップを築く活動を行うことを支援します。地元のホテル、レストラン、交通機関などと連携して、訪問者にとって便利で魅力的なパッケージを提供するなど、魅力的な観光まちづくりにつなげるための大事な情報源として役立ちます。

4.キャンペーンの実施エリア選定

分析結果から、来訪者が多い地域を都道府県から市区町村単位まで落とし込んで特定することができるため、最適なエリア選定をおこないマーケティングを行うことができます。デジタル広告やオフライン広告などのプロモーション活動では、エビデンスのあるデータを元にどの地域にポスターを貼るのか?など細かな地域やターゲット層に合わせたキャンペーンを展開することが可能です。これにより、特定期間に合わせたキャンペーンを計画したり、訪問者を呼び込むための魅力的なプロモーションを実現することができます。

5.観光地の魅力発信

観光地の魅力や特徴を広く伝えるために、観光パンフレットやウェブサイト、SNSなどを活用して情報を発信します。観光スポットやイベントの魅力的な写真や動画を使用し、訪問者に興味を引くようなコンテンツを作成します。これらのプロモーションは実世界の行動を元にジオターゲティング広告でアプローチすることが可能です

上記のように、観光マーケティングは、地域経済への貢献や地域社会の発展に寄与する一方で、観光客に質の高い体験を提供することが重要です。次に人流データを通して行った観光マーケティングの事例をご紹介いたします。

観光マーケティングの事例

横浜中華街

横浜中華街は、日本で最も歴史ある国内最大級のチャイナタウンで、多くの人々が訪れる観光名所としても有名です。しかし、コロナウイルスの感染拡大により観光客が減少し、観光客を呼び戻すための対策が強く求められていた中、こちらの事例では、中華街の人流データを活用した取り組みについて事例をご紹介いたします。観光客動向を正確に把握するためのデータ収集を始め、ビッグデータを活用した観光客を取り込むための改善策や効果的な集客施策につなげるサービスを探していました。

長野県松本城周辺の観光地分析

「人流データを用いた観光地及び周辺飲食店の課題抽出」では、人流データを活用し、松本城とその周辺飲食店が抱える課題を抽出し、可視化してみました。訪問者の性別、年齢、地域別分布、行動パターンなどを人流データを収集して可視化することで、観光地と飲食店が直面する具体的な行動計画を立案することができるようになります。課題が具体的に一目でわかり、解決するためのアクションが明確になることで、地域全体の観光振興や地元経済の活性化につながることを期待しています。

インバウンド分析・インバウンド集客

クロスロケーションズは、訪日外国人観光客に関する分析および集客をサポートしています。国内最大級のグローバルデータ位置情報を基に活用したマーケティング戦略で観光業界の成長に寄与することが期待されています。

インバウンド(訪日外国人)動向分析

訪日外国人の国内移動データを元に「Location Data Service」では、訪日外国人の動向を把握できます。例えば、どのエリアや観光スポットが人気なのか、どの国からの観光客が多いのかなどを分析することができます。

インバウンド集客

海外のグローバルアプリを中心に、世界44カ国16億ものスマホ端末から発信された位置情報データを活用したジオターゲティング広告を利用し、訪日外国人や過去に訪日した外国人に対してスマホ通したジオターゲティング広告の配信ができます。また、国内では、広告キャンペーンに接触した外国人旅行客が実際に観光地へ来訪したかを把握することができるため、費用体効果を評価することができます。これにより、観光地の広告予算の最適化や投資対効果の向上が期待できます。

おわりに

観光マーケティングの未来は、デジタル技術の進化と自治体や関連する企業とのデータ連携により、さらなる可能性を秘めています。訪日外国人の動向を洞察し、観光地の魅力を最大限に引き出すことで、業界はより効果的な戦略やサービス改善に取り組むことができます。

人流データ活用は、いまや正確性とリアルタイム性の分析情報が柔軟な戦略の展開において、観光DXを推進し、持続可能な観光開発に重要な情報となっています。

クロスロケーションズの技術は、観光マーケティングにおいてデータの真価を引き出し、魅力的な観光体験を提供する未来を拓いています。観光業者がデジタル時代の波に乗り、観光客に感動と満足を届けるためには、新たな知見と戦略の適切な融合が必要です。

 クロスロケーションズマーケティング担当者
クロスロケーションズ株式会社マーケティングチーム

クロスロケーションズは位置情報ビッグデータの独自解析エンジンとその機能を使ったクラウド型人流分析プラットフォームを展開しています。 マーケティングチームでは、「Location Engine™」から取得できる準リアルタイムの人流統計データを活用してビジネスから社会課題の解決まで幅広くお手伝いができるように活動しています。

関連記事

イベント分析に関する記事

活用情報TOPに戻る