SEMINAR セミナー

ロケーションテックセミナー

10/29(木)開催 ウェビナー|ロケーションテックセミナー 今話題の位置情報マーケティングってなに?

クリスマスまでまだ間に合う! この冬のステイホーム需要喚起に位置情報広告を使って効果的な販促活動を!

 

新型コロナウィルス感染を防ぐために、人々の行動は変化を続けています。

実際に出かける機会は減り、宴会も縮小、しかし一方で、リモート・在宅ワーカーが増え、ECの売り上げは拡大、スーパーやホームセンターなどの一部の業種は活況を呈しています。生活者の行動や価値観が変革し、世の中がDX(デジタルトランスフォーメーション)する中、マーケティングの手法も日々進歩を遂げています。

今回のセミナーでは位置情報を活用したターゲットオーディエンス(広告対象者)のアイデアや、位置情報広告の種類(ヒストリカルターゲティング、ポテンシャルターゲティング)など、ロケーションテックのリーディングカンパニーであるクロスロケーションズ社ならではの最新の手法をわかりやすくお伝えいたします。

例えば、オーディエンスの組み方では下記などがあります。​​

  • ​パパ・ママ ターゲティング
    • 対象企業・商材:保険会社、テーマパーク、流通、家事代行、・食品メーカー、飲料メーカー、小売流通など
  • ペットラバー(飼い主)ターゲティング
  • アウトドア好きターゲティング

​​また、店舗を持つ小売や外食チェーン業界にとっては、あらためて適切なオーディエンスに対して、実店舗ならではの利点を訴求して、ECとの差別化を狙える機会ともなっていますので、事例を用いて集客の方法などをご紹介いたします。

 

資料1

コロナ前後で店舗利用者が増減したエリアの消費者が「店舗を選ぶ理由」、「店舗を選ばない理由」
クロスロケーションズ自社アンケート調査報告第9弾(2020年7月16日発表)https://www.x-locations.com/news/20200716/

 

資料2

令和元年度 内外一体の経済成長戦略構築にかかる 国際経済調査事業 (電子商取引に関する市場調査)、令和 2 年 7 月 経済産業省より(出所:(株)いつも.「“リアル買い物離れ”アンケート調査」2020 年 3 月 をもとに作成)

 

このような方におすすめ

生活者が在宅勤務となり交通広告(OOH)が効かない。

◆ 新規ユーザーを獲得したい。

◆ ターゲティング、集客、効果測定を見える化してPDCAを回していきたい。

 

 

–WEBセミナー(ウェビナー)開催概要——————-

◆日程 2020年10月29日(木) 17:00-18:00

◆定員 20名

◆費用 無料

◆お申込み時の注意点

 ※企業発行ドメインのメールアドレスでお申込みください。
フリーメールアドレスでのお申し込みはご遠慮させていただきます。
 ※競合企業様のお申し込みもご遠慮させていただいております。予めご了承ください。
 ※アジェンダは当日多少変更になることがございます。