SEMINAR セミナー

20201203

12/3 WEBセミナー「オルタナティブデータの活用で資産運用はどう変わるのか」

新型コロナウィルスの影響で、これまでの静的データや経験が全く役に立たなくなり、新しい指標が市場に求められるようになりました。

そこで、最近フィンテック業界を中心に決算情報や政府統計情報など数カ月前の公式発表データ(トラディショナルデータ)ではない、SNSの投稿や気象情報、POSデータ、位置情報などの「オルタナティブデータ」の活用が世界的に注目を浴びています。

位置情報を活用した例では、米Thasos(タソス)社が電気自動車のTesla(テスラ)社の工場の稼働状況を人流ビッグデータから分析し、投資判断情報として顧客のヘッジファンドに提供して成功した、という事例が2018年に話題となりました。

 

The Wall Street Journal, Nov. 2, 2018,  

本セミナーでは、ロケーションテックのリーディングカンパニーであるクロスロケーションズが、オルタナティブデータの活用の機会や課題についてお話いたします。実際に、フィンテック企業でそれらがどのように統合・分析されて、そして効果を生み出しているのか、事例を用いながら「ロケーションテックxフィンテック」の将来について展望します。

 

セクターごとに混雑・集客のトレンドを可視化。(クロスロケーションズ株式会社のホームページより https://www.x-locations.com/peopleflow-map/

 

 

このような方におすすめ

・金融業界、証券業界、投資会社の方

・証券アナリスト、調査ご担当者の方

・オルタナティブデータ活用に興味のある方

・データサイエンティスト、ビッグデータ活用を検討されている方

 

–WEBセミナー(ウェビナー)開催概要——————-

◆日程 2020年12月 3日(木) 17:00-

◆定員 20名

◆費用 無料

◆お申込み時の注意点

 ※企業発行ドメインのメールアドレスでお申込みください。
フリーメールアドレスでのお申し込みはご遠慮させていただきます。
 ※金融業界以外の企業様のお申し込みもご遠慮させていただいております。予めご了承ください。
 ※アジェンダは当日多少変更になることがございます。