SOLUTION よくある課題

よくある課題

スマートフォンのGPSに基づく位置情報データを収集し、独自のAI技術によって解析・可視化したLocation AI Platform®を利用することによって、商圏分析、競合分析、人流解析、リテールサポート、位置情報広告活用など、よくある課題についての解決策をご紹介します。

流通・小売、外食、不動産、金融業界など幅広い業種・業態において、現状把握から需要予測、戦略立案、出店計画、販売促進、製品開発、サービス企画などのシーンでLocation AI Platform®を用いることによって、さまざまな悩みや課題を解決いたします。

課題:自店の実勢商圏がわからない

自店の実勢商圏がわからない

顧客は「誰がどこから来て」利用しているのか。
曜日別時間帯別の買い回り傾向や、よく利用する人気スポットの把握が可能

課題:GISは専門知識が必要で難度も高い

GISは専門知識が必要で難度も高い

GISはもう古い!?
位置情報ビッグデータのAI活用によって出店戦略の精度を大幅アップ

課題:競合店の影響がわからない

競合店の影響がわからない

顧客の自店と競合店の利用傾向を「曜日・時間帯・町丁目・昨年比」の
4つの軸で比較することにより、影響を調査

課題:従来の集客手法では効果がない

従来の集客手法では効果がない

顧客の行動傾向を把握し、スマートフォン広告・SNS広告、
ポスティング・DM配布地域を適正化。
来訪測定によるPDCAサイクルで効果的な集客を実現

課題:顧客DBだけでは実行動はわからない

顧客DBだけでは実行動はわからない

CRM連携を用いて従来の顧客の購買情報やオンライン情報に加えて、
行動傾向データに属性を付与することで、より深い顧客理解を実現

位置情報データビッグデータを活用した課題解決について
お手伝いできることがありましたらお問い合わせ下さい。